手抜きママのひとり言

夫と二人の娘と犬と一緒に暮らしてます。現在40歳。

褒められたのに素直に「ありがとう」が言えなくなってた。

私は小さい頃から文字を書くことが大好きでした。

 

道教室に通ったことはありませんが、自分が「こんな文字を書きたい!この人の書く文字が好き!」

そう思うと自然と書きたい字を真似て書く努力をするクセがついていました。

 

自分では自分が書く文字が好きではありませんが、他の人から見て読みやすい文字を書くことは常に心がけています。

 

今現在、文字を書く機会はかなり減ってしまいましたが、仕事でたまに手書きの書類を作成する機会があり、その中の一部を本社に提出することがあるのですが。

 

先日、自分よりもひとまわり以上年下の社員さんに、

 

「調書の作成、ももこさんに頼んで良かったです!めちゃめちゃ字、綺麗ですよね!今回もコレ、本社に送らせてもらいますね!」

 

そう言われて、本当に嬉しかったのですが、つい、

 

「誰が書いても同じですよ。特別字が綺麗なわけじゃないですし。」

 

って、言ってしまいました…。

 

 

その時の社員さんの顔がちょっと寂しそうだったんです。

 

素直に

 

「ありがとう」

 

って言えば良かった…。

 

たったひとこと。

たったひとことで良かったのに。

 

目を輝かせて、キラッキラの笑顔で褒めてくれたのに、反抗期の中学生みたいな返ししかできなかった自分にがっかりです。

 

自分が逆の立場だったら…。

 

私みたいな返答されたらやっぱりがっかりしちゃいます。

 

周りに他のパートさんもいたこととか、褒めてくれたのが男のこだったこととか、一瞬でいろんな計算しちゃった末の返しがアレだったんだろうな。

 

っていう自己分析をしてみたりしてまたため息が出ます。

 

とりあえず今日、強く思ったこと。

 

それは、

 

褒めてもらったら素直に「ありがとう」って言える大人でいたい。

 

そして私も我が子や夫を含め、人の良いところを見つけて、たくさん褒めてあげたい!

 

 

そんなことを思った一日でした。

 

 

f:id:momoko8882:20190129220509j:image