手抜きママのひとり言

夫と二人の娘と犬と一緒に暮らしてます。現在40歳。

頸肩腕症候群。首から肩、腕にかけての痛み。

頸肩腕症候群

 

まず読めない。

 

けいけんわんしょうこうぐん

 

と読むらしいです。

 

f:id:momoko8882:20180916202628j:image

 

私は去年の冬、この症状に悩まされました。

 

完治するまで2ヶ月

 

 

本当に辛かった…。

 

私の仕事は基本的には接客なのですが、重たい物を持つことも日常茶飯事。

 

この仕事を始めて4年目。

 

トラックの運転手さんからは

 

「女の子の仕事じゃないよー!

    よくこんな重たい物運べるね!」

 

って言われるくらい、重労働してます。

 

重労働、嫌いじゃないです。

 

でも、もう40歳。

 

そろそろ身体が悲鳴をあげていることに気づかないふりして頑張ってしまっていたみたいです。

 

 

首がいたい…。

 

寝違えたかな?

 

すぐに治るだろうと思っていたのですが、1週間経っても治らない。

 

治るどころか、後頭部が常にズキズキする。

 

座っていても立っていても、何をしていても頭痛が治まらず。

 

頭を取ってどこかに投げ捨ててしまいたい衝動に駆られるほどの頭痛と首の激痛…。

 

そのうち肩も腕もだるく重い

 

四十肩?

 

四十肩は腕が上がらないというけど、腕は上がる。

 

ただただ、だるく重い。

 

腕も引っこ抜いて投げ捨ててしまいたいくらい。

 

その症状は、私の場合、左半身のみ

 

この症状が出始めてから1ヶ月くらい経つと、左腕、左足に痺れが…。

 

それでも仕事は休めないので、無理矢理にでもカラダをごまかして耐えていました。

 

しかし、仕事を終えて帰ってくるとあまりの痛みに涙が出てくるほど…。

 

いい加減病院行った方がいいかも。

 

病院嫌いの私も耐えきれず整形外科の門を叩きました。

 

辛い症状を切実にお医者様に訴えました。

 

先生は私の肩に触った瞬間、

 

肩こりの自覚あります?

 

そうおっしゃいました。

 

「肩こりですか?

   今までにあまり肩こりっていう概念ないんですけど…。

よくわからないです。」

 

と、私が答えると、

 

異常なほどこってますよ。これで肩こりの自覚無いなんて信じられないです…。

 

お医者様絶句…。

 

とにかくひどい肩こりと、頭から肩、腕にかけて原因不明ではあるけれど、ひどい炎症を起こしているということでした。

 

病名は

 

‘’  頸肩腕症候群  ‘’

 

「今は辛いでしょうけど、必ず治りますから。

    大丈夫ですよ^ ^

   症状緩和の ストレッチ を指導しますので頑張って続けてみてくださいね。」

 

そう言われ、涙が出るほど嬉しかったです。

 

この痛みに一生耐えて生きていかなければいけないのかと途方に暮れていたところに、お医者様のこの言葉…。

 

丁寧にストレッチを指導してもらって帰宅。

 

よくやりがちですが、自己流でマッサージをするのは良くないとおしえていただきました。

 

 

ストレッチ大事。

 

筋力トレーニング大事。

 

 

毎日指導された通り頑張りました。

 

症状が出てからちょうど2ヶ月目。

 

気付いたら症状が治まっていました。

 

 

症状が治まると、指導されたストレッチ、筋力トレーニングをしなくなっていて…。

 

 

ふと、こんなんじゃダメ!

またあの悪夢が!

 

そう思って、ダイエットも兼ねて、筋トレ始めました。

 

 

https://momoko8882.hatenablog.com/entry/2018/09/03/101427

 

少しずつ成果も出てきています。

 

本当に、少しずつでも続けることの大切さを実感。

 

https://momoko8882.hatenablog.com/entry/2018/09/08/201840

 

この “  頸肩腕症候群  ”は現代人特有の症状みたいです。

 

パソコン作業のような、力仕事では無い作業でも起こりうる症状だそうです。

 

同じ姿勢でずっと過ごすことでもこの症状がおこるそうです。

 

寒くなると余計に筋肉が萎縮して固まってしまうので、これからの季節は余計に気を付けて筋トレ、ストレッチに励みたいと思っています。