手抜きママのひとり言

夫と二人の娘と犬と一緒に暮らしてます。現在40歳。

思い。想い。憶い。念い。重い…。湊かなえさんの‘‘ポイズンドーター・ホーリーマザー’’を読んでいます③

f:id:momoko8882:20180901112820j:image
f:id:momoko8882:20180901112815j:image

この本の三つ目のお話。

 

 

今回のブログのタイトル、すべて

 

『おもい』

 

です。

 

大事件を起こしてしまった

『彼』

に対する

あらゆる『おもい』

を、語り手である

『罪深き女』

が担当刑事に告白する。

というお話です。

 

 

この語り手のさまざまな

『おもい』

は、

『彼』

にとってはどんなものだったのか…。

 

衝撃のラストでした。

 

 

人は一人では生きていけない。

 

そんな言葉をよく耳にします。

 

たしかにそうです。

 

誰かを『おもい』、誰かに『おもわれ』、その『おもい』を信じて、大切にして生きているのだと思います。

 

自分は一人でも生きていける。

 

あの人は一人でも強く、立派に生きている。

 

そうおもっている人も、そうおもわれている人も、世の中にはたくさんいると思います。

 

ですが、多少、

『おもい』の掛け違いやすれ違いはあるものの、

誰もが

誰かの『おもい』に『おもい』を馳せ、すがり、また誰かを『おもう』ことで日々生きていくことができるんだと、改めて実感させられたお話でした。